FX売買取引コストの比較

FX取引を始めるの当って気になるのが手数料ですが、その内容は取引会社によって内容が微妙に異なっているので、しっかりと比較して確認しておく必要があります。どの様な取引でも手数料がかかるのが一般的ですが、FX取引では売買手数料とスプレッドが存在し、数多くあるFX会社の殆どが手数料がゼロです。その仕組みは、手数料を取らない代わりに、買値と売値の差、即ちスプレッドが適用されており、その幅が狭いほど取引する者にとって有利と言えます。数十社ある取引会社を単純に比較しても、例えば、米ドル/円の一万円通貨取引時の最低取引コストを比較して見ても、30円前後から200円くらいまでその幅はかなり大きなものがあります。スプレッドが大きいと言ってもその他色々なサービスがついている場合もあるので、スプレッドが狭いからと言って安心はできませんが、初心者の方にはやはり大手の会社で、出来る限り取引コストが安い会社を選択するのが後で後悔しない一つの策と言えます。


<スプレッドに条件があります>

スプレッドには、原則固定の会社と変動幅のある取引会社があり、会社のよっては標準として固定であったり、平均約定によってはマイナススプレッドの会社もあるので、不明点がある場合は必ず当該取引会社にメールや電話で確認する事が大事です。何事も曖昧にしておくと、後でこんなはずではなかった後悔する事があり、特にFX取引には重要項目の一つです。

Posted in fx スワップ

コメントは停止中です。